株式会社Gemsekiは7月16日に台湾で開催される医薬品開発の日台連携に関するセミナーで講演いたします。

2018年07月06日

台湾の医薬品開発は製造受託を中心に発展してきましたが、台湾政府の積極的な政策もあり、新薬開発の実績が上がってきています。このような中、今後はより一層台湾企業と海外企業との提携やライセンスなどの増加が予想されるため、今般、台湾政府経済部の台日産業連携推進オフィス(Taiwan Japan Industrial Collaboration Promotion Office、TJPO)が、台湾製薬・バイオテック企業を対象とした医薬品開発の日台連携に関するセミナー「日台バイオ医薬品製品技術開発連携セミナー」を開催致します。

弊社は医薬品開発におけるグローバルなパートナリング活動を支援することを事業としており、台湾医薬品企業の発展に資することができると考えられることから、TJPOからの依頼を受け、弊社代表取締役社長の平間英之が「医薬品ライセンスでの日台連携可能性」と題してライセンスに関する講演を行ないます。

株式会社Gemsekiは、このような活動を通じて各国の医薬品企業の発展を支援し、新薬開発の活性化を通じて人類および社会に貢献していきたいと願っています。